【黒にんにくの大辞典 】 黒にんにく効能・効果の「すべて」を解説!

黒にんにくの効能や効果、作り方から、黒にんにくを使った料理レシピまで、黒にんにくに対する「すべて」について解説したサイトです!

*

黒にんにくは【うつ病】の予防になる?黒にんにくでココロも元気に!

   

うつ病は心の風邪。誰しもがなる脳の病気です

うつ病は、最近では「心の風邪」と呼ばれるなど、ひと昔前よりもずっと身近な印象になってきた病気です。

うつ女性イメージ

誰しもがなる可能性がある病気の症状で、脳内物質の「セロトニン」などが不足することによって起こる脳の病気であることがわかってきています。

「憂うつ」な気分がずっと続いてしまうため、「うつ病」と呼ばれてます。

判断の基準は「2週間以上」。「1、2日」で回復する場合はうつ病ではない

誰しも気分が凹むことはあると思いますが、1日や2日で回復する人はうつ病ではありません。

診断の目安としては、憂うつな気分が「2週間以上続く場合」が基準で、病院でうつ病だと診断されます。

病院は「精神科」や「心療内科」で、熟練の精神科医によって診断されます。

うつ病だと診断されれば、投薬治療とゆっくりした休養が必要となります。

うつ病は現代人特有の病気です。

うつ病の予防に「黒にんにく」は有効なのか?

いったんうつ病にかかってしまうと、回復までにはかなりの時間と休養が必要になります。

前述のとおり、ある程度の投薬治療は必須ですし、カウンセリングなどの心理療法が必要になってくる場合もあるでしょう。

できることならば、誰しもうつ病にはかかりたくないものですが、それでは、うつ病を「予防」することはできるのでしょうか。

うつ病は、気の持ちようなどではなく「脳の病気」で、セロトニンなどの脳内物質が大きく関係していることが明らかになっています。

発症のきっかけは、精神的なストレスなどが引き金になったり、脳の働きが低下したりすることによって起こります。

現代では、誰でもうつ病にかかってしまうリスクを抱えています。

うつ病を事前に回避するには、規則正しい生活習慣、適度な運動、バランスのとれた食生活がなどが大事です。

そこでひと役かってくれるのが「黒にんにく」です。

黒にんにくには「うつ病の予防・改善」につながる成分がたっぷりとふくまれています。

それでは、黒にんにくの一体何が、うつ病を予防したり改善したりしてくれるのでしょうか。

セロトニンを増大させるには、黒にんにくが効果的!

うつ病は、「セロトニン」という脳内物質のバランスが崩れることで起こることがわかっています。

うつ病のとてもつらい症状

うつ病の症状として、

  • 考えがまとまらない
  • 食欲がでない
  • マイナス思考になる
  • 睡眠障害が起こる
  • やる気が起きなくなる

などの症状があります。

気分的にも憂うつになり、とてもつらい状態が2週間以上起こると、病院にいく危険水域です。

病院にいくと、さまざまな問診が行われます。そして、問診の結果と、これらの憂うつな状態が2週間以上連続して続いているということなどを精神科医が総合的に判断し、うつ病だと診断されます。

うつ病と診断されると、仕事に支障もきたしますし、場合によっては長期的な休職が必要な場合もあるでしょう。

また、人間関係もめちゃくちゃになってしまう場合すら起こりえます。

うつ病は「脳の病気」。事前の予防がとても肝要!

うつ病は「脳の病気」ですから、そうなってしまってからでは本人の意思だけではどうにもなりません。

うつ病にとって、事前の予防はとても大切なことです。

うつ病はなってしまっても、薬を飲んで治療すれば簡単に治るというものでもありません。

うつ病では、事前の予防と、早期発見による改善はとても重要な事なのです。

うつ病にとても重要な脳内物質「セロトニン」

「セロトニン」は、脳をリラックスさせる作用のある神経伝達物質です。

セロトニンの働きはとても重要で、脳を落ち着かせたり、満足感を持たせたりなどの効果があります。

セロトニンをつくるためには必ず「トリプトファン」が必要!

このセロトニンを分泌させるためには、「トリプトファン」と呼ばれる成分が必要になってきます。

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、タンパク質に含まれています。

体内で生成することができないため、食事で補うことが肝心です。

黒にんにくは「トリプトファン」がたっぷり含まれている!

熟成黒にんにくには、このトリプトファンが多量に含まれています。

「黒にんにくがうつ病に効果がある」というのは、この黒にんにくにふくまれる豊富なトリプトファンによるものなのです。

トリプトファンは、普通の白い生にんにくにも含まれています。

しかし、熟成された黒にんにくにはさらに多くのトリプトファンが含まれています。

黒にんにく以外では、マグロの赤み、豚肉、ヨーグルト、牛乳、バナナなどにトリプトファンは含まれています。

しかし、含まれている総量で考えると、黒にんにくが一番なのです。

また、トリプトファンは「ビタミンB6」と同時に摂取することで、セロトニンを大幅に増やしてくれる作用があるのです。

黒にんにくには、トリプトファンもビタミンB6も豊富に含まれています。

食材のなかではもっとも、うつ病の予防と改善に最適な食品だということがいえるでしょう。

「スコルジニン」が脳の活動低下を予防する!

黒にんにくには、血液をサラサラにする効果のある「スコルジニン」も多く含まれています。

スコルジニンは血液の循環を良くしてくれます。

そのため、脳の血流が低下するのを防いで、脳の状態を活性化してくれるのです。

この作用も、うつ病の予防に役に立ちます。

黒にんにくの「スコルジニン」はうつ病の精力減退の予防にも

スコルジニンは冷え性も改善して、脳に血流がいくのを助けてくれます。

血栓を予防することもできますし、末梢血管の流れを改善することもできます。

また、スコルジニンは、滋養強壮に良いと言われています。

糖質をエネルギーにかえるビタミンB1と同じ働きがあり、精力を高めるホルモンを刺激する効果もあるため、精力減退の予防につながります。

うつ病も精力が減退するので、この作用も予防や回復に効果があるといえるでしょう。

ビタミン不足が「不安障害」をまねく

黒にんにくには、「ビタミンB6」が豊富に含まれていることは、さきほども述べましたが、ビタミンが不足すると、不安障害が起こることがわかっています。

ビタミンは精神の安定には欠かせない食べ物なのです。

黒にんにくには、その「ビタミンB6」や「葉酸」が多く含まれています。

黒にんにくの「アホエン」もうつ病の予防効果に期待大!

そして、黒にんにくには「アホエン」という抗酸化物質も多くふくまれています。

アホエンには殺菌力があって、ビタミンの吸収を促進してくれます。

このアホエンは、神経伝達物質の量を増やし、脳を活性化してくれるため、うつ病の予防や改善にも効果が期待できるのです。

まとめ:うつ病は誰でもかかりうる病気!黒にんにくでしっかり予防を

うつ病は今の時代、誰にでもおこりうる病気です。

誰の上にもおこりうるからこそ、しっかりとした予防が大切なのです。

うつ病に罹患してしまうと、社会的にもプライベートにも大きな支障をきたします。

会社をやめてしまったり、離婚してしまったり、最悪の場合は自殺してしまったりなど、大変なことが人生に起こることもあります。

うつ病は恐ろしい病気なのです。

そのうつ病を予防するためには、日頃から、脳をできるだけ健康な状態に保つ生活を送るのが重要です。

精神疾患というと特殊な病気のように感じてしまいますが、どんな人でもかかりうる身近な病気です。

また、気の持ちようというようなもので防げるものでもありません。

不規則な生活や、ストレス、乱れた食生活などが誘発要因となり、脳の神経伝達物質の不具合から起こるのです。

黒にんにくにはうつ病予防に最適な成分がたっぷり

黒にんにくは、うつ病を予防・改善するためのもっとも効果的な食べ物です。

ビタミンB1

ビタミンB6

トリプトファン

の成分で、「セロトニン」を作り出していきます。

脳には欠かせないこのセロトニンの効果で、脳はリラックスした状態を作り出すことができます。

セロトニンは腸で生成されますので、食べ物がとても重要なのです。

マグロの赤みや豚肉、ヨーグルトや牛乳、バナナなどにも含まれていますが、毎日一定量を食べ続けるのは大変です。

黒にんにくならば、いつでもどこでも手軽にぱくっと一口で食べられます。

黒にんにくにはうつ病を予防・改善する効果があるのです。

1日1粒の黒にんにく習慣をつけて、健康ですこやかなこころの状態を維持していきたいですね。

【2017年版】 最高級青森県産のみを厳選!『黒にんにくの大辞典』が選ぶベストランキング!

⇩味・品質・安全性で選ぶならこの3つ!⇩

>>ランキング詳細はコチラ!<<

 - 黒にんにくの「うつ予防」効果, 黒にんにくの効果