【黒にんにくの大辞典 】 黒にんにく効能・効果の「すべて」を解説!

黒にんにくの効能や効果、作り方から、黒にんにくを使った料理レシピまで、黒にんにくに対する「すべて」について解説したサイトです!

*

黒にんにくは【糖尿病】の改善に効果あり!

      2016/12/07

この記事の目次

黒にんにくは「糖尿病」に重要な血糖値の対策ができる

糖尿病イメージ

にんにくは薬のない時代から民間療法として活躍していた

「黒にんにく」のもとになっている「にんにく」は、昔からさまざまな料理に使用されてきました。

殺菌効果が高く、抗生剤などの薬が開発される以前には、民間療法として、食中毒、風邪、インフルエンザなどのウイルス対策にも活用されてきたのです。

殺菌効果のある成分は、「アリシン」と呼ばれる成分なのですが、アリシンそのものは効果が強すぎて、にんにくを生のまま食べると胃を荒らしてしまうことがあります。

しかし、熟成黒にんにくなら、熟成の過程でアリシンが変化するため、にんにく特有のあの強烈なにおいもなくなり、味も刺激がなくなります。胃に優しくなるのです。

黒にんにくの黒さと甘みの秘密はメイラード反応

にんにくが熟成によって黒く変化するのは、糖とアミノ酸の化学反応であるメイラード反応という褐色反応が原因です。

たとえば、たまねぎを加熱して炒めると、徐々に黒くなって甘みがでますが、あれもメイラード反応の一種です。

熟成黒にんにくが黒くて甘みがでているのも、たまねぎを炒めたのと同じ原理です。

メイラード反応によって、「メラノイジン」という成分が生じるのですが、このメラノイジンの抗酸化力がとても強いため、

黒にんにくのメラノイジンの健康効果

  • 細胞の老化を防ぐ
  • がんの発生を抑える

という力があるとされています。

また、メラノイジンの他に、にんにくポリフェノールも、熟成の過程で、生のにんにくにく比べて4倍にもなります。

黒にんにくは、胃にやさしいうえに、にんにくのさまざまな効果がパワーアップしている、とても体に良い健康食品なのです。

黒にんにくに含まれる「アリチアミン」は糖尿病の予防になる

糖尿病は、血糖値が上がりすぎる病気です。

通常、糖質が正しく代謝されていれば、血糖値が上がりすぎるということはありません。

黒にんにくに含まれるアリシンという成分と、ビタミンB1が結合してできる「アリチアミン」は、ビタミンB1と同じ働きをするだけでなく、ビタミンB1の吸収も高めてくれます。

ビタミンB1によって、糖質がエネルギーに変わりますので、糖質の代謝をうながして糖尿病予防に一役買ってくれるのです。

もちろん、すでに糖尿病になってしまった人が血糖値の上昇を抑えるために、熟成黒にんにくを食べてもかまいません。

また、同時にビタミンB1には疲労回復の効果もあります。

黒にんにくのさまざまな健康作用 ー血糖値だけではなく血圧の対策にもなる!ー

黒にんにくの効果は、とにかくさまざまな体に良い作用があるというのが特徴です。

にんにくの強烈なにおいの原因は「アリシン」

生にんにくには、特有の強烈なにおいがあります。

にんにくは、その強烈なにおいを発することで虫などの天敵から身を守っているのです。

そのにおいの元となる成分がアリシンです。このアリシンは熟成することによってにおいがなくなります。

アリシンが変化した「アホエン」にはたくさんの健康効果がある

強烈なにおいのもと、アリシンは他の物質に変化しやすく、一定の熱を加えることで、「アホエン」に変化します。

アホエンはコレステロールや尿酸を減らします。血液をサラサラにしてくれる効果があるのです。

また、脳の伝達物質を壊す働きがある酵素を止める働きがあるため、記憶力アップにも効果があります。

黒にんにくのアホエンの健康効果

  • コレステロールを減らす
  • 血液をさらさらにする
  • 記憶力をアップさせる

アリシンやアホエンは熱を加えることで消えてしまうが・・

しかし、これだけさまざまな健康効果のある、アリシンやアホエンは、熱を加えることで消えてしまいます

普通のにんにく料理のように、高温で炒めたり、焼いたり、煮たりしてしまうとせっかくのこれらの効果が加熱によって失われてしまうのです。

通常、100度以上の熱を加えたときに消えてしまうと言われています。

しかし、熟成黒にんにくだったら大丈夫です。

熟成黒にんにくは、70~80度ぐらいの温度でじっくりと保温しながらつくるため、これらの大事な成分が失われることなく、摂取することができるのです。

黒にんにくの「スコルジニン」も重要な働きをする

また、「スコルジニン」という物質も重要です。

黒にんにくのスコルジニンの健康効果

  • 高血圧の予防
  • 動脈硬化の予防
  • ダイエットの促進

スコルジニンは熟成黒にんにくの大事な成分のひとつで、新陳代謝を活発にして、血行をよくする働きがあります。

高血圧、動脈硬化の予防、ダイエットなどにも高い効果が見込めるのです。

黒にんにくは、ポリフェノールの「抗酸化作用」がズバ抜けて豊富

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルや、タンパク質の元となる各種アミノ酸も、熟成黒にんにくになることで増えることがわかっています。

熟成黒にんにくを食べると、お肌がつるつるになったりプルプルになったりしますが、これはポリフェノールなどの抗酸化力が熟成黒にんにくによって強化され、体内の細胞の老化を食い止めてくれるためだと言われています。

黒にんにくの抗酸化力は生にんにくの約10倍

この、熟成黒にんにくの「抗酸化力」は、生にんにくの約10倍だと言われています。

熟成することで保存がきくため、手軽に保存できていつでも食べることができます。

生にんにくはすりおろすぐらいしか食べる方法がありませんが、熟成黒にんにくであれば、手軽に一日一片、食べることが簡単にできます。

抗酸化作用を味方につけて、より健康な生活を送りましょう。

黒にんにくのポリフェノール量は赤ワインの18.8倍もある

日本食品分析センターの調べによると、熟成黒にんにくのポリフェノールの量は、赤ワインと比べて18.8倍にものぼるということです。

ポリフェノールが豊富な食品といえば、よく赤ワインが例に上げられますが、その赤ワインの18倍以上のポリフェノールをもつのですから、黒にんにくがどれだけ強い抗酸化力を持っているかが、よくわかります。

熟成黒にんにくは、「肥満」や「血圧の上昇」、「乾燥肌」、「糖尿病」など、さまざまな症状に悩む人に人気の健康食品です。

黒く熟成させることによって、Sアリスシステインと、アミノ酸が大幅に増加して、代謝をサポートしてくれます。
活性酸素があると、血液がドロドロになってしまったり、老化の原因となってしまったりしますが、黒にんにくのポリフェノールが働きかけてくれるのです。

ビタミンB1で代謝をうながして「糖尿病」を予防!

黒にんにくが糖尿病に働きかけるすごい力は、ポリフェノールだけではありません。

黒にんにくのアリシンに含まれる「ビタミンB1」によって、炭水化物を体内で使って、エネルギーを発生させ代謝を促すのです。
代謝がよくなれば、血糖値はそれほど高く上がりません。

ビタミンB1の重要な役割

また、ビタミンB1が欠乏すると、かっけ(脚気)という症状が起きてしまい、両足がだるくなって足がむくむなどの症状も出てきます。

エネルギー不足から、体力が低下して疲れやすくもなります。

また、末梢神経や中枢神経の異常をきたし、循環器系、消化器系にも害がおよんで、最悪の場合は重症化すると心不全で死亡してしまします。

ビタミンB1は非常に大切な栄養素なのです。

ビタミンB1が不足すると、やる気がしなくなったり、イライラしたりなどの現代人らしい症状が起きてしまうこともあります。

ビタミンB1は熱でこわれやすいが黒にんにくなら大丈夫!

そのビタミンB1ですが、もともと熱で壊れやすく、水に溶けやすいという性質を持っています。

そのため、体内に取り込むことが難しく、体内に取り込んだとしても消化吸収が非常に悪いビタミンなのです。

玄米、豚肉、そら豆、しいたけなどに豊富に含まれていますが、それらを大量に食べたところで、摂取できるのは1回に10ミリグラム程度になるだけで、あとは尿から排出されてしまいます。

ビタミンB1は、体内にはほとんど蓄えられず、しかも壊れやすいのです。

ビタミンB1をしっかりと補給するためには、ビタミンB1の消化吸収がよい作用のある食べ物を毎日すこしづつ取ることが大切です。

そこで重要になってくるのが、我らが「黒にんにく」です。

にんにくの有効成分であるアリシンが、ビタミンB1と結合し、「アリチアミン」を形成します。
これらが結びつくことによって、油に溶ける性質を持つようになり、このお陰で腸からすみやかに吸収され、体内に入ってくれるのです。

販売されている栄養ドリンクの「アリナミン」は、このアリチアミンを製品化したものです。

ご飯好きの方は特にビタミンB1欠乏症に注意!

今の時代は食べ物が豊富ですが、それゆえにビタミンB1欠乏によるかっけ症状や、神経症状にかかることも十分にありえます。

ご飯好きの方の場合、血糖値が上がりやすいのですが、ご飯を食べれば食べるほど、ビタミンB1が使われることがあります。

また、精神的にキレやすい人なども、ビタミンB1欠乏が関係しているかもしれません。

その場合は、熟成黒にんにくをためしてみるのもひとつの方法でしょう。

まとめ:黒にんにくは「糖尿病」の予防になる!

ビタミンB1は、このように代謝や血糖値と密接に結びついており、アリシンと結合しますので、それらが豊富に含まれている熟成黒にんにくは糖尿病の予防になるのです。

糖尿病になってしまった人の生活習慣改善食としてもおすすめです。

栄養ドリンクでおなじみのアリチアミンは、血糖値の上昇を防いでくれるのですが、このアリチアミンが豊富に含まれているのが、熟成黒にんにくです。

黒にんにくは、ふつうのにんにくよりもはるかに高い糖尿病予防効果や効能が見込めるのです。

【2017年版】 最高級青森県産のみを厳選!『黒にんにくの大辞典』が選ぶベストランキング!

⇩味・品質・安全性で選ぶならこの3つ!⇩

 - 黒にんにくの「疲労回復」効果, 黒にんにくの「老化防止」効果, 黒にんにくの「血液サラサラ」効果, 黒にんにくの効果, 黒にんにくの特別な効果