【黒にんにくの大辞典 】 黒にんにく効能・効果の「すべて」を解説!

黒にんにくの効能や効果、作り方から、黒にんにくを使った料理レシピまで、黒にんにくに対する「すべて」について解説したサイトです!

*

黒にんにくで【風邪】が治る?免疫力アップの5つのパワー!

      2017/02/10

黒にんにくの「免疫力」で風邪予防を!

熟成黒にんにくは、風邪に効果があります。

風邪を早期に治す力があり、また、予防効果もあります。

風邪イメージ

黒にんにくが風邪に効く理由は、黒にんにくが持つ「免疫力」です。

風邪を根本的に治すには「免疫力」をあげるしかない

風邪を予防するには、免疫力を高めるのが一番の近道です。

免疫がつくと、体内に侵入しようとするウイルスや細菌に対して、抵抗力を持つことができます。

そして、抵抗力がつけば、風邪をひきにくくなります。また、仮に風邪を引いてしまったとしても、早期に回復しやすくなります。

現代人はさまざまな理由から免疫力が弱くなっている

しかし、免疫力は、

  • ストレスや年齢の増加
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 栄養の偏り

などの他、さまざまな外的要因に左右され、低下してしまいます。

現代人は昔に比べて免疫力が低下しており、風邪も引きやすくなってしまっているのです。

市販の風邪薬では、くしゃみや咳、鼻づまりなどの諸症状を軽減してくれる効果しかなく、根本的な対策は「免疫力」を向上させる他ないのです。

黒にんにくが、免疫を向上させる5つのパワーとは!?

にんにくでスタミナがつくことはよく知られています。

にんにくには、このスタミナ効果の他に、免疫力を向上させるパワーももっています。

① 黒にんにくは、ビタミンB1の吸収を促進して代謝をアップさせる!

その理由はさまざまなのですが、第一に、ビタミンB1の吸収を促進して、代謝をアップしてくれるという理由が挙げられます。

にんにくには、においのもととなるアリシンという物資が含まれているのですが、熟成されて黒にんにくになる過程で、アリシンはビタミンB1と結合して、「アリチアミン」という物質に変化します。

黒にんにくのアリシンは「アリチアミン」に変化する

黒にんにくににおいがないのは、このアリシンがアリチアミンに変化したためだと考えられています。

そのアリチアミンを製品化したものが、みなさんご存知の滋養強壮の医薬品「アリナミン」です。

「アリチアミン」には滋養強壮成分があり、体力をパワーアップしてくれます。そのため、風邪を引きにくく、万が一風邪を引いても早期に回復してくれる基礎体力をつけることができるのです。

これが、風邪予防には黒にんにくがいいとされる、ひとつめの理由で、「アリチアミン」のパワーによるものです。

② 黒にんにくは、アドレナリンやノルアドレナリンを増やして元気の元となる!

もう一つの理由は、アドレナリンやノルアドレナリンなどの交感神経を刺激するホルモンの分泌が増えることです。元気が出てくる作用があるため、抵抗力がアップして、風邪などを引きにくくなります。

よく知られているように、アドレナリンやノルアドレナリンはエネルギーの元ですので、風邪のウイルスや細菌などを寄せ付けないパワーがあります。

黒にんにくのスルフィド類は、元気の元となるホルモンを分泌させる

黒にんにくのジアリルジスルフィドやジアリルトリスルフィドは、アドレナリンとノルアドレナリンのホルモンをどちらも分泌してくれます。

アリインという物質も、スルフィドよりは弱いものの、同じように2つのホルモンを分泌してくれます。そのため、黒にんにくをそのまま食べるだけで、元気になることができるのです。

③ 黒にんにくの褐色脂肪組織が、内側からからだをあたためる!

黒にんにくには、体の脂肪を熱に変えてくれる働きがあります。

褐色脂肪細胞に、脂肪をエネルギーとして溜め込まず、熱として放出する組織に働きかけるパワーがあるのです。

細胞内のミトコンドリアである、アンカップリングプロテインの働きによって、脂肪を熱に変える働きを強めてくれるのが、熟成黒にんにくのパワーです。

そのため、体の体温が上昇し、黒にんにくを食べると体が少しポカポカしてきます。これが脂肪を熱に変えるパワーで、元気感が上昇して、風邪を寄せ付けない体づくりに一役買ってくれるのです。

④ 黒にんにくは、風邪で失った食欲も回復してくれる

黒にんにくは、なんとも言えない美味しさがあります。甘味が強くてドライフルーツのような味わいで、何個でも食べられそうな気がします。

基本は1日1片ですが、風邪のときには欠かさず食べましょう。黒にんにくには、食欲を増進させる効果があり、風邪で失った食欲を回復してくれます。

しっかり食べてよく休むことによって、風邪から早期に回復できるように体がエネルギーを放出してくれるのです。食欲がわいて栄養素を補給することは、体力の増強に役立ちますし、風邪からの早期回復に役立ちます。

⑤ 黒にんにくには、免疫力そのものがアップする効果が

風邪には免疫力が大事とお伝えしてきましたが、AGEという主成分のS-アリルシステインをはじめとした、黒にんにくの諸成分には、細胞免疫の活発化を行ってくれる効果があります。

これらは実験によって確かめられつつあり、多くの科学的データが集まりつつあります。

黒にんにくによる元気は、カラ元気ではなく本物の元気!

黒にんにくは滋養強壮のパワーがあり、ノルアドレナリンが黒にんにくによって分泌されるとお伝えしてきましたが、ノルアドレナリンには、交感神経を刺激して瞳孔を大きくし、気管支を拡張し、心拍を促進するなどの興奮作用があります。

眠気もさめて、気分もハイになり、やる気もでてきます。ですが、あとでぐったりとしてしまう激しい作用も持っています。これがいわゆる「カラ元気」です。

黒にんにくのエネルギー産生促進効果で元気に

しかし、黒にんにくには、エネルギー産生促進効果がありますので、カラ元気が本当の元気になります。交感神経が興奮することによって糖やグルコースが一時的に血糖値を高め、すぐに燃焼してエネルギーに変えられます。この燃焼の際にビタミンB1が使われますので、ここでも熟成黒にんにくは、大きな効果をもたらしてくれるのです。

風邪のひきはじめや、予防にぴったりな黒にんにく!

いかがでしたでしょうか?

ちょっと、むづかしい用語も並んでしまいましたが、黒にんにくは薬ではありませんので、副作用もなく、風邪のひきはじめや、予防にもぴったりの健康食品です。

これらの5つのパワーで、免疫力をアップさせ、ぜひ健康生活にお役立て下さい。

【2017年版】 最高級青森県産のみを厳選!『黒にんにくの大辞典』が選ぶベストランキング!

⇩味・品質・安全性で選ぶならこの3つ!⇩

>>ランキング詳細はコチラ!<<

 - 黒にんにくの「免疫力アップ」効果, 黒にんにくの効果