【黒にんにくの大辞典 】 黒にんにく効能・効果の「すべて」を解説!

黒にんにくの効能や効果、作り方から、黒にんにくを使った料理レシピまで、黒にんにくに対する「すべて」について解説したサイトです!

*

黒にんにくは【アレルギー】を抑えてくれる!?現代人に増えたアレルギーとは?

   

この記事の目次

黒にんにくは免疫をアップしてくれるのでアレルギーに効果あり!

喘息やアトピー、花粉症などのつらい症状に悩まされる現代人が増えてきました。

これは、現代人の免疫機能が低下していることが原因と考えられています。

花粉症イメージ

アレルギーの症状は、重たい人から軽い人までさまざまですが、抑制を期待できる効果がある食物があるのをご存知でしょうか?

それが『黒にんにく』です。

黒にんにくは、「滋養強壮」や「疲労回復効果」、「ビタミン摂取」、「がん予防」などを目的として食べることが多いと思われますが、アレルギーを抑制してつらい症状を緩和してくれる効果もあるのです。

黒にんにくの免疫効果はふつうのにんにくの数倍から数十倍にもなる

にんにくは免疫を高める食品としてよく知られていますが、黒にんにくはその効果が数倍、数十倍になっています。

そのため、重いアレルギー症状に悩む人の間で、黒にんにくは密かな知名度を誇っているのです。

黒にんにくで身体を温めて、つらいアレルギー症状を抑制

アレルギーの症状を抑制するには、身体を温めることが非常に効果的だと最近の研究でわかってきました。

からだを芯から温めるには血行を改善することが大事

身体を芯から温めるには、血行を改善して体内の血流を良くすることが欠かせません。

黒にんにくは、血流を改善して身体を温める効果があります。「アルギニン」などが豊富なため、体温がアップするのです。

体温がアップすれば、それだけ免疫力も高まります。
よって、冷え症や、低体温による不定愁訴に悩む方にも黒にんにくはおすすめです。

また、黒にんにくには抗酸化力があるため、活性酸素に抵抗する力もあります。

身体を温めることで、アレルギー症状の抑制につながりますので、ぜひアレルギーに悩んでいる方も黒にんにくを積極的に食べて下さい。

食べやすい黒にんにくは子供さんにもOK

生のにんにくを食べたがるお子さんはなかなかいないと思います。生のにんにくは、すりおろしぐらいでないと食べることができません。

苦味も強く、においも強烈でなかなか毎日お子さんに食べてもらうのは難しいと言えるでしょう。

黒にんにくは甘くて食べやすく、おやつ代わりにも

そこで、アレルギー症状に悩むお子さんに、熟成黒にんにくをおやつ代わりに与えてみてはいかがでしょうか。

長期間ていねいに熟成することによってにおいの成分が抜け、甘味成分が増えて、やわらかくてとても食べやすい状態になったのが、熟成黒にんにくです。

味はドライプルーンにたとえられることが多く、ドライフルーツのような食感で、添加物をいっさい含まない、100パーセント天然のにんにくから作られた食べ物です。

おやつがわりに一口で食べられますので、アトピー性皮膚炎や小児喘息に悩むお子さんにも安心しておすすめできる健康食品です。

食べる量も、1日に1片もしくは2片程度でいいので、無理せず続けることができます。

毎日の食事をすべてバランスよく摂るのは大変・・

免疫や血流、体温などを良好にし、普段の食生活を改善することでアレルギーを抑制するのが一番ですが、なかなか普段の食生活はバランス良くとることができないのが現状です。

けれども、熟成黒にんにくであれば、普段の食事にプラスして、おやつの時間にひとかけ、食べるだけでいいのです。

食べる時間も気にする必要はなく、朝でも日中でも夜でも構いません。できれば食後のほうが栄養価は行き渡るでしょう。

熟成黒にんにくは、普段の食事にプラスして栄養素を取れて、免疫を向上し、アレルギー症状を緩和してくれる優れた食品なのです。

生にんにくそのものなら、アレルギーの原因となることも?!

にんにくは、もともと優れたさまざまな栄養効果を持ったたべものです。

しかし、黒にんにくではなく普通の白い生にんにくそのものが、アレルギーの原因となることがあります。

普通の白い生にんにくはアレルギーを起こす場合がある

ふつうの白いにんにくがアレルギーをひきおこす原因は、生にんにくに含まれる「アリシン」が変化してできる「ジアリルジスルフィド」と呼ばれる成分です。この成分が、アレルギー性皮膚炎を起こすことがあるのです。

にんにく業者や製造業に従事する人、調理師の方などで、アレルギー症状がみられる場合がまれにあります。

ですが、黒にんにくは低温でじっくりと熟成されていて、アリシンの成分がだいぶ減っています。そのため、黒にんにくがアレルギーの原因になることは考えづらく、気にせず食べることができます。

黒にんにくの滋養強壮効果が、アレルギー抑制に効果的

黒にんにくのさまざまな効果の中でも、もっともアレルギー抑制に効果があると考えられるのが、「滋養強壮効果」です。

にんにくを食べると精がつくとよくいわれますが、その効果が黒にんにくにもあるのです。

黒にんにくの滋養強壮効果はふつうのにんにくの10倍

黒にんにくの滋養強壮効果は、にんにくを低温でじっくり熟成させることによって10倍にパワーアップしています。

そのため、黒にんにくを食べると目に見えてアレルギーが軽減したと言う人があらわれるのです。

具体的には、黒にんにくのどの成分が、どういったアレルギー抑制に効果があるのかは、まだ正確に解明されてはいません。

黒にんにくを習慣にしてからアレルギーが緩和されてきたという人が少なくない

しかし、実際に黒にんにくを食べる習慣をつけるようになってから、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などのつらいアレルギー症状が緩和されたという人が少なくありません。

黒にんにくの何かしらの成分が、アレルギーの抑制にあっているのです。

それは、おそらく、「滋養強壮作用」なのではないかと考えられています。

黒にんにくが体内の機能を強化してくれて、その結果、アレルギーが楽になるのです。

黒にんにくが直接、アレルギーに何らかの作用を行うわけではありませんが、間接的に身体の免疫力をパワーアップしてくれて、アレルギーの症状を緩和してくれるのでしょう。

アレルギーはまだまだ未解明の症状

アナフィラキシー

実は、アレルギーというのは医学的にもまだまだ未解明の症状です。

人間の身体に備わっている免疫力が正常に働くことで、ウイルスなどから身体を防御しているのですが、その防御機能が何らかの理由で正常に働かないと、からだに害のないものでも異常な免疫反応が起きてしまうのがアレルギーです。

たとえば、小麦粉は体に害のないものですが、アレルギー反応を起こす人がいます。

これも、何らかのからだの免疫が過剰に反応して、小麦を異物だととらえてしまうことによって起こる症状です。

現代社会のアレルギーを持つ人は潜在的なものもふくめると相当の数になる

現代社会では、アレルギーを持っている人が非常に多く、まだ発症してないものの潜在的にアレルギーを持っている人も含めれば、かなりの数にのぼるでしょう。

それなのに、まだまだ医学界でも研究途上の症状で、実際の直接的な原因ははっきりとは解明されていません。

そのため、黒にんにくがなぜアレルギーに効くのかも現状では正確にはわかっていないのですが、滋養強壮や血行を良くするなど、黒にんにくが持っている効能がいくつか重なりあい、間接的にアレルギー症状も良くしてくれているものだと考えられます。

抜本的な治療が見つかっていないからこそ黒にんにくを!

このように、アレルギーは、なぜ起きるのかがいまだ解明されていない症状です。
そのため、いまだに根本から解決してくれる治療法が確立されていないのが現状です。

病院や民間療法でもアレルギーの根本的な治療法は確立されていない

病院に行っても、薬による対処療法を行うほかなく、多くの人がアレルギー症状に苦しんでいます。

その症状は、花粉症の軽いくしゃみのようなものから、身体をかきむしってしまうようなひどいアトピーの症状までさまざまです。

多くの人が病院や、民間療法に頼って治療を行っていますが、これもまた抜本的な解決にはなっていません。

黒にんにくは自然治癒力を高め、抵抗力をアップしてくれる

そこで試してみていただきたいのが、黒にんにくです。

人間がもともと持っている自然治癒力を高め、抵抗力をアップしてくれる黒にんにくは、アレルギー体質の方の強い味方です。

黒にんにくを食べたからといってすぐにアレルギーがなおるわけではありませんが、毎日少しづつ食べ続けることで症状が軽くなった、アレルギーが抑制されたと言う人が増えています。

黒にんにくの潜在的なパワーで、身体を丈夫にしましょう。

免疫力を向上して、アレルゲンにまけない丈夫な体づくりをはじめましょう。

熟成黒にんにくは、お子さんでも食べやすく、ドライフルーツのような食感で、あまくてとても美味しい健康食品です。

添加物をいっさい使わず、薬のような副作用の心配もありません。

アレルギーに悩んでいる方も、お子さんがアレルギーで困っている方も、ぜひ、一日ひとかけらの黒にんにく習慣をつけてみて下さい。

【2017年版】 最高級青森県産のみを厳選!『黒にんにくの大辞典』が選ぶベストランキング!

⇩味・品質・安全性で選ぶならこの3つ!⇩

>>ランキング詳細はコチラ!<<

 - 黒にんにくの「免疫力アップ」効果, 黒にんにくの「精力増強」効果, 黒にんにくの効果